1. ホーム
  2. バストアップの用語を解説
  3. ≫ア行のバストアップ用語-育乳ブラ、オイルなど

ア行のバストアップ用語-育乳ブラ、オイルなど


l

育乳ブラ

育乳ブラは、普通のブラより大きめのカップに、背中や脇の脂肪を寄せ集めることで胸を大きくするブラジャーのこと。単なる補正下着と違って、育乳という言葉にもあるように、「バストを大きく育てる」のが目的です。

身体の揺れを利用して、バスト内部の大胸筋を鍛える構造になっているため、何年も継続使用することで、最初は下着のチカラでカップアップしていたバストも、徐々に定着するようになっていくんです。また美しいカタチに整えてキープするので、垂れていたバストを引き上げる美乳効果も期待できます。

ただし育乳ブラは、正しい着用法をしなければ効果がありません。使用する際は自己流にならないよう、通販サイトやフィッティングサロンなどで正しい身に着け方を学んでから着用するようにしましょう。

イソフラボン

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しています。また1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボンがメインテーマと思えるほどイソフラボン関連の研究発表が相次ぎました。

このように欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究しています。

イソフラボンは大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれてます。

▼イソフラボンの効果

イソフラボンと更年期障害

のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはおおいに有効です。

イソフラボンと骨

牛乳などでカルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中のカルシウムはどんどん溶け出していってしまいます。イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ちます。

イソフラボンと骨粗鬆症

骨粗鬆症は閉経後の女性に多い病気ですが、閉経後に起こりやすくなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの不足によります。エストロゲンは、骨から溶け出すカルシウム量を抑えて骨を保護する役目をしています。

イソフラボンは、その女性ホルモンの激減を緩和します。

イソフラボンとガン

イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きますので、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。

乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても、イソフラボンは効果的に働くと考えられています。

また、イソフラボンにはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども報告されていますので、乳がんや前立腺がん以外にも、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に対する有効性が期待されています。

イソフラボンと動脈硬化

血液中のコレステロール、特に「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの増加が動脈硬化を促します。一方、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールは悪玉を減らす作用があるのですが、イソフラボンは悪玉を減らすうえに善玉を増やすという理想的な実験結果を出しています。

イソフラボンと美容

イソフラボンは女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあり、美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。ほかにも豊胸効果(バストアップ)や生理不順の改善など、女性にうれしい作用があります。

▼イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの摂取量は一日に40mg~50mgが理想です。これは、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)です。 多めに摂取しても体外に排出されますが、5gや10gといったべらぼうな量を摂取するのはよくないでしょう。過ぎたるは及ばざるが如し、ですね。

▼イソフラボンの副作用

イソフラボンは実際のホルモンとは違い、弱い働きをする女性様ホルモンです。自然に存在する成分であり薬ではないため、副作用の心配はないと言われています。更年期障害の治療法として女性ホルモンであるエストロゲンを投与する方法がありますが、イソフラボンはエストロゲンに比べると効果は落ちるが副作用がないのが利点だという発表もあります。(日経ヘルスNEWSにも掲載されています。その1/その2/その3

ですが、子宮筋腫や子宮内膜症のかたは必ず担当の医師や薬剤師などにご相談、ご確認ください。

バストアップオイル

オイル自体にバストアップの効果はありませんが、アロマによるリラックス効果によりホルモンバランスを整える方法です。

イランイラン

エキゾチック系の匂いでとても甘い匂いです。

ホルモンバランスを整える効果があります。

 

ゼラニウム

バラの匂いにミント系のさわやかさが

混じった匂いになっています。

女性よりは男性が好む匂いかもしれません。

これも同様にホルモンバランスを整えてくれます。

?R?I?t???≪

あなたが本当に「バストアップしたい!!」と思っているならば、

ほんの5分程度このサイトをお読みください。

バストアップする方法|コスパランキング