1. ホーム
  2. バストアップの用語を解説
  3. ≫カ行のバストアップ用語-クリーム、漢方など

カ行のバストアップ用語-クリーム、漢方など


バストアップクリーム

バストアップする効果があるといわれる成分が含まれているクリームの少々として場明日とアップクリームといいます。

主にプエラリア・ミリフィカという女性ホルモンのエストロゲンを活性化する誘導体ゲニステインダイゼインに大別できるが、プエラリア・ミリフィカは、より活性の強い類縁体ミロエストロールデオキシミロエステロールが含まれ、更年期障害の軽減や、ホルモン置換療法、他にも女性の美肌作用などに効果が期待できるとされる。
プエラリアの成分はその根に薬効成分を蓄積するわけではなく、ある一定の時期だけ成分が増えるという特徴を持つ。よって、年数が古いものには特に価値があるわけではなく、また大きさなども成分に関しては影響がない。ただし、薬効成分が活発化するのは、3年以上の樹齢が必要で、タイ国立農業大学(カセサート大学)では、研究用プエラリアの採取は3年のものを主に利用する。
また女性が注目するのは、1960年イギリスの学術雑誌『Nature』において“プエラリア・ミリフィカには「プエラリン」という美乳効果をもつ成分(大豆イソフラボンにはほとんどない)が多く含まれる”との趣旨が発表されたことも、大きな理由の1つと思われる。一般には“白”の多くが「ガウクルア」とも表記され、サプリメントとして市販されている。

ただし、プエラリアが含むミロエストロール(強力なエストロゲン活性をもつ成分)等は、その効果の強さから、当然に副作用をも考慮する必要がある。サプリメントとして濃縮されたものについては、過剰摂取に注意が必要である。 しかし、濃縮されていないプエラリアを食べる場合には、現地でも古来から食べている食品なので問題はないとされる。 なお日本においては特定保健用食品に含まれる植物性エストロゲン摂取量の上限を大豆イソフラボンアグリコン換算値として「30mg/日」と定めている。

漢方

バストアップ自体が女性の悩みであることから、女性の身体の体調を整えることを目的とした漢方が適していると思われる。

その中でも『当帰芍薬散』が有効であると考えられる。

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、漢方の原典である金匱要略(きんきようりゃく)に記載され、古くより多くの女性に用いられてきた漢方薬です。
体力虚弱で冷え症で貧血の傾向のある方、疲れやすい方の「月経痛」、 「月経不順」から、「産前産後の障害(貧血、疲労倦怠等)」、そして「更年期障害」、「めまい・立ちくらみ」等に用いられています。漢方のツムラより4f16f3be06c753aca32ada785aef4c3c_s

?R?I?t???≪

あなたが本当に「バストアップしたい!!」と思っているならば、

ほんの5分程度このサイトをお読みください。

バストアップする方法|コスパランキング