1. ホーム
  2. バストアップの用語を解説
  3. ≫サ行のバストアップ用語-食材、睡眠など

サ行のバストアップ用語-食材、睡眠など


e124ac16dc7b686fe196a6bceb04726f_s

食材

ボロン
ボロンは女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌を高める働きがある成分です。 胸の脂肪も増やす効果があります。ビタミンと一緒に摂ると効果があります。ただし摂りすぎると脂肪が増えますので注意。

■ ボロンが含まれている食べ物 ■

■ りんご、ぶどう、梨などの果物
■ 大豆、ア-モンドやピ-ナッツのナッツ類
■ とろろ昆布、ワカメやひじき、昆布などの海藻類
■ キャベツ、ハチミツ、レ-ズン

イソフラボン
女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン(植物性エストロゲン)を含む大豆製品は、必須食材。

■ イソフラボンが含まれている食べ物 ■

■ 大豆、納豆、豆腐、枝豆、グリンピース、豆乳製品

乳製品
良質なたんぱく質が非常に多く含まれている乳製品も、バストアップには欠かせない食品のひとつ。 乳製品は、お肌の粘膜を健康に保ってくれるので、バストアップと一緒に美肌効果も期待できちゃうウレシイ食材。

■ 良質なたんぱく質が含まれている食べ物 ■

■ チーズ、ヨーグルト、バター、牛乳など。

睡眠

睡眠が不足すると、生命にとって大切ないわゆる「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があり、成長ホルモンの分泌にも悪影響があり乳幼児・幼児・青少年では身体の成長にも悪影響があり(身長が伸びにくくなる)。睡眠不足ではの調子が悪くなる人も多い。顔がむくみ、血色が悪くなり、人によっては土気色(つちけいろ)つまり死人のような顔色になり、皮膚の状態は目に見えて悪くなる。(睡眠不足は女性の美容にとっても大敵だ、と言われている。)また睡眠不足は肥満を招きがちである。精神的には気分に悪影響があり(あるいは躁状態や鬱状態の不安定な変化)になりがちで不機嫌で人間関係が悪くなり、また脳の知的面での基本機能である記憶力、集中力などに悪影響があり、結果として学生では学業(勉強)の効果に、成人では仕事の質に深刻な悪影響を及ぼす。睡眠不足だと仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまうことが各種労働統計によっても明らかにされている。

  • ヒトに必要な睡眠量には個体差があり、7 – 8時間の場合が多い。カリフォルニア大学サンディエゴ校のDaniel KripkeらのSleep medicine掲載論文[7]名古屋大学医学部大学院玉腰暁子の研究[8][9]によれば、1日の睡眠時間が7時間の人は他の人たちに比べて死亡リスクが低い(ただし、睡眠時間が短い人や長い人が睡眠時間を7時間にすれば死亡しにくくなるのかどうかはわかっていない)。
  • 不眠症によりうつ病は2.1倍になる。[10]慢性的な不眠症はうつ病を含む精神疾患のリスクを高める。[11]うつ病の約8割に不眠が、1割に過眠が見られる[12]
  • 睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い。その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなる[13]
  • 慢性的な寝不足状態にある人は高血圧糖尿病高脂血症心筋梗塞狭心症などの冠動脈疾患脳血管障害といった生活習慣病に罹りやすい[14]。また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症の誘因や増悪因子になる[15]
  • 子供は大人に比べて睡眠を長くとる必要がある。
  • 睡眠不足は子どもの身体能力や学業成績に多大な影響を及ぼす(脳は睡眠中に、昼間体感・学習した情報から余計な情報を省いて効率よく整理し、長期的な感覚や記憶として処理される)。子供たちの学習量は増える一方なのに、学んだことを処理するための睡眠量は最近(←いつ?)どんどん削られている[16]
  • 夜更かしした翌日に長時間睡眠をとって寝不足を解消することはできるが、逆に前日に長時間睡眠し、翌日に夜更かしするなどといった「寝貯め」はできないとされている。また、前者のような「まとめ寝」も、寝不足は解消できるが、長時間睡眠により睡眠の質が下がったり、睡眠バランスや体のリズムを崩すためよくないとされる。
  • 1900年頃まで、人々の本来の睡眠サイクルは、太陽が沈んでから4-5時間の睡眠をとり、日中に2度目の睡眠をとるのが一般的なリズムであった。20世紀になって作為的に行われるようになった制度、八時間労働制の悪影響で不眠症が起きている面がある、と指摘している研究がある

?R?I?t???≪

あなたが本当に「バストアップしたい!!」と思っているならば、

ほんの5分程度このサイトをお読みください。

バストアップする方法|コスパランキング