1. ホーム
  2. バストアップの用語を解説
  3. ≫バストアップ-マッサージ

バストアップ-マッサージ


スポンサーリンク

バストアップマッサージの方法と効果

バストアップマッサージのやり方

基本のマッサージ

バストマッサージの目的は、バストをアップさせるだけではありません。バスト周辺にある経絡やリンパを刺激して、不眠、むくみ、婦人科系疾患などの改善のほか、若返りにも役立ちます。

①鎖骨の中央部分からみぞおちへ向けて、両手の4本の指で交互にさすりおろす

②鎖骨の中央部分からみぞおちへ向けて、両手の4本の指で交互にさすりおろす

③左手を右バストの上部内側に置き、わきの下へ。右手はバストの下部外側に置き、内側へ。それぞれ手のひらで同時にさする。反対側のバストも同様に

これを一日3回3セットを行うのが基本です。

y2

バストをアップさせたいという人は、わきの下にある腋窩リンパ節の周辺や、バストを支える大胸筋を刺激するのが効果的です。1と2はそれぞれ3回×3セット、3は10秒間行います。

①左側の胸の上の大胸筋に右手を当て、内側から腋窩リンパ節へらせんを描きながら4本の指でさすって、リンパを流す

②バストの下側から腋窩リンパ節へ、両手の4本の指を交互に動かし、引き上げるようにしてリンパを流す

③手のひらを軽く丸め、指先でバスト全体を下から上へたたき上げる

バストアップマッサージのQ&A

Q.いつ行うのがよいですか

A.ストレッチ後やお風呂上がりなど、体があたたまっているときに行うと効果的です。お風呂で体を洗う際や半身浴を行う際に実践するのもよいでしょう。なお、食後2時間以内や飲酒後は、控えるようにしてください。

Q.行ってはいけない人はいますか

A.妊娠初期のかた、病気やケガをされているかた、体調が悪いかたは行わないでください。また、肌に傷やトラブル(アトピーや吹き出物など)がある場合は、控えるか、その部分を避けるようにしましょう。

Q.効果を高めるコツはありますか

オイルイラスト

A.マッサージを行う際は、手のすべりをよくするために、オイルやクリームなどを使うのが基本です。マッサージ効果が高まるばかりか、保湿などのスキンケアにもなりますし、オイルイラストお気に入りの香りのものを選べば、神経の興奮をしずめる沈静作用やリラックス効果などプラスの効果が期待できます。

Q.他に効果はありますか

A.自分で定期的にバストをマッサージすれば、乳ガンの早期発見につながります。ここでは、乳ガンの自己検診法をご紹介します。 (1)裸になって鏡の前に立ち、左右の乳房の形、大きさ、乳頭の向きを比較、 (2)そのまま両腕を上げて、乳房にえくぼのようなものや、赤みなどがないかチェック、 (3)あおむけで横になり、乳房の中心部から外側へ向けて押し、しこりや乳頭からの異常分泌がないか確認、 (4)そのまま腕を上げて、乳房の中心部から内側へ同様にチェック。このセルフチェックを、月に1回は実践しましょう。

?R?I?t???≪

あなたが本当に「バストアップしたい!!」と思っているならば、

ほんの5分程度このサイトをお読みください。

バストアップする方法|コスパランキング