1. ホーム
  2. バストアップの用語を解説
  3. ≫ラ行のバストアップ用語-リンパ、老廃物など

ラ行のバストアップ用語-リンパ、老廃物など


28fd4935511f4849d477e3e3264270b8_s

リンパ

細胞間を流れる細胞間質液(間質リンパ)とリンパ管の中を流れるリンパ液はその濃度が違うが基本的に同じものであり、広義のリンパ液は細胞間質液(間質リンパ)とリンパ管内のリンパ液(管内リンパ)を含み、狭義のリンパ液はリンパ管の中のリンパ液(管内リンパ)を示す。タンパク質の含有量は血管内のほうが多く、膠質浸透圧は血管内で約28mmHg、血管外では約8mmHgと圧差があり、細胞間質液(間質リンパ)中の水分はこの圧差によって静脈に水分、電解質血液ガスが戻り、筋肉の動きにより分子量の大きなタンパク質ウイルスなどの異物等がリンパ管に吸収され管内リンパとなる。

主な細胞成分はリンパ球であるが、末梢のリンパ管にはリンパ球はほとんど含まれず、リンパ節を経るほどその量は増加する。リンパ管の下流域での出血が存在するとリンパ内に赤血球が含まれることがある(血液吸収)。消化管からのリンパは脂肪球を含み、乳白色を呈するために乳糜(にゅうび)と呼ばれる。リンパはリンパ組織から全身にリンパ球を遊走させることに関与している。毛細血管の透過性が亢進するとリンパの生成は促進される。凝固因子であるプロトロンビンが含まれるため生体外では凝固するが、血小板を含まないため血液と比べその凝固能力は低い。リンパ節でのリンパの流れは輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管である。

リンパ本幹は、右リンパ本幹と胸管の2つの流路がある。右リンパ本幹は、右上半身のリンパを集める1~3cmのリンパ本幹である。内頸静脈鎖骨下静脈の合流部に右静脈角があり、ここで静脈に合流する。胸管は左上半身と下半身のリンパを集める全長35~40cmのリンパ本幹である。左右の腸リンパ本幹と腰リンパ本幹が第2腰椎の前方で合流してできたものが乳糜槽(にゅうびそう)である。この乳糜槽(にゅうびそう)が上行して胸腔に入ることで胸管となる。

掻いた後などに傷口から染み出すこともある。若干べたつき、鉄のような臭いがするのが特徴である。

老廃物

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。この呼び名は “detoxification”、解毒[1]の短縮形である。つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。

アルコール依存症薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼び、デトックスと言う場合もある。この場合、離脱症状の管理も必要とされる。

「現代社会を暮らしていく上で、体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属合成化合物薬物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されている」とされている。デトックスとは主に下記の方法で、こういった体内の有毒な物質を排出することを指す。これら有害な物質の多くが脂肪に蓄積されることから、ダイエットと関連付けられることもある。

一方で、英国の国民保健サービス(NHS)は「デトックスという言葉には何の科学的根拠もなく、そのような製品を購入する必要はない」と断言している。[2][3] また、英国の博士号取得者や大学院生300人以上でつくるVoice of Young Scienceが行った調査によると、中毒症状などに対する医療行為以外のデトックス製品の効果は、ほとんど「無意味」なものだったと主張している。[4][5][6]

分別ある食生活や生活環境、軽い運動や休養など健康的に生活していれば、人体は副腎機能の正常化を条件に肝臓腎臓をはじめとした体にとって有害な物質を取り除く機構を備えている。なお、確かに有害な重金属やダイオキシン類は体内に蓄積され、出産を除いて大量に排出される機会はほとんど無いが、それは人体に密接に結びついているためであり、仮にそれらを短期間に大量排出する方法があったとしても、身体には大きな負担を伴う危険性も考えうる。

科学的根拠に乏しい、いわゆる疑似科学を用いたものも存在する。こうした効果を提唱した製品を販売する業者はもとより、同様に根拠の無い効果を提唱するエステティックサロンなども、景品表示法に違反する可能性が高いものもある。

  • 全ての重金属合成化合物などが有害であるとする偏見も多いが、例として取り上げられることのある水銀カドミウムが日常的に摂取され続けることはほとんどなく、また一部の重金属はミネラルを構成する大切な栄養素である。
  • 食品添加物については、実際には動物実験によって得られた毒性値の数百から数千分の1の量が利用されている。これを微小であるとする意見もあれば、食品として摂取するには充分に問題のある量であるとする意見もある。

事例[編集]

  • 足裏から重金属などの毒素を排出する効果を提唱するフットバス製品(イオンデトックス)が存在し、これを使用すると容器内の水の色が変化する。業者の説明ではこれは体内の毒素が水に溶け出したために生じたものとされるが、実際には水中の電極に使用されている金属が電気分解により変化し、水酸化鉄(サビ)が水に溶け出した結果である。[8]
  • イギリスでは、体内の毒素を出すために栄養士の指示のもと毎日約2リットルの水を飲んだ女性がナトリウム欠乏症となり、脳に回復不能な損傷を負ったという事例がある。[9]
  • ベラルーシのグループが「アップルペクチンには放射性セシウムの排出を促進する作用がある[10]」との論文を出しサプリメントを販売していたが、それに対してフランスの放射線防護・原子力安全研究所が信頼性を疑う報告書を出した。[11]また、フランスのグループがラットを用いてセシウム137の排出効果を「プルシアンブルー投与 ・ アップルペクチン投与 ・ 何も与えない」3グループで比較した結果、アップルペクチンの排出効果は、何も与えないグループと同等で効果が無かった。[12][13]

?R?I?t???≪

あなたが本当に「バストアップしたい!!」と思っているならば、

ほんの5分程度このサイトをお読みください。

バストアップする方法|コスパランキング