1. ホーム
  2. バストアップする方法
  3. ≫胸を大きくするメニュー!食事でバストアップする

胸を大きくするメニュー!食事でバストアップする


なぜ女性がバストアップをしようと思うのかを、街角で調査してみました。

・痩せていて、胸も大きくない。大きい友人がうらやましい。

・スタイルはそこそこなんだけどもう少し胸を大きくしたい。そうすればもっと着れる服も増えるのに。

・子供を産んでからバストの形が崩れてしまった。昔はもっとスタイルがよかったんだけど。

・学生時代からバストの大きさがコンプレックス。なんだか人前で気にしてしまってびくびくしてしまう。

・上司からのセクハラで『貧乳』いわれ腹が立つ。

・彼氏が妙に気を使う。夏になると水着、海などの話題はやんわりかわされます。

などの声が街角で聞かれました。

女性の独特な悩みが聞き取れますね。

日本の女性のバストの大きさは世界の中でどういった位置にいるのでしょうか?

map

上のマップは、香港のメディアが2012年に出した「Average Breast Cup Size in the World」(世界の平均バストサイズ)というマップなのですが、日本はAカップになっています。

これを見ても、平均的には小さいということがわかります。

でも、実際のところ男子たちはどう思っているのかということも気になりますよね。

dansei

今度は、ヘルスケア通販大手のエルシーラブコスメティックが2012年に発表した「男性の理想のバストサイズ日本地図」を見てみましょう。

意外や意外、『Aカップ』が一番多く、2番目は『Ⅽカップ』しかも大きさにこだわるのは大阪、東京などの都市部が多いことがわかります。

男子から見れば『普通がいい』のかもしれません。

でも、やっぱり胸は大きくしたい

それでもやっぱりバストアップをしたいという女性は多いのです。

女性にとって『胸』はとっても特別なもの。

男性との出会いの中で『見た目が9割』(メラビアンの法則)

どんなに話がうまくても最初の印象がすべてを決めてしまうのなら『バストアップ』は必須。

バストの悩みが食事で解決できるのならして、今度の合コンで注目を集めてしまいましょう。

スポンサーリンク

食べ物からバストアップ

それでは食事で体の内側から胸を大きくしていきましょう。

胸の約9割は脂肪で、1割が乳腺組織できています。

この割合こそが大事で、胸に脂肪を蓄えることができれば確実にバストアップになります。

しかし、脂肪は胸だけにつくものではないのでそのバランスが難しいところ、失敗してしまえば『ただのぽっちゃり』になってしまう可能性もあるのです。

ではどうやって胸だけに脂肪を集めるのか?

これには乳腺組織の発達が欠かせません。

乳腺を発達させる食事と生活習慣を続けることでバストアップにつながるのです。

バストアップに必要な栄養素

タンパク質は体の組織を作るのに欠かせない栄養素です。

代表的な食べ物として
◆動物性
肉(鶏肉)、魚(マグロ)、牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵

◆植物性
大豆、納豆、枝豆、豆乳

がよく知られています。

これだけを食べればいいのではなく、これらの栄養素を効率よく体に取り込むものがあればさらに吸収が早くなります。

では吸収を助けるビタミンⅭについて学んでみましょう。

 

胸を大きくするために必要なビタミン

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。

肌にハリを持たせたり、シミを予防する美容効果や、免疫力を高めて風邪をひきにくくする効果、ストレスに対する抵抗力を高める効果など、様々な働きをもちます。

ビタミンCは水溶性で摂りすぎによる過剰症の心配もないため、積極的に摂りたいビタミンです。

ビタミンⅭの効果の中でもストレスを軽減する効果はバストアップには欠かせません。

ビタミンCは神経伝達物質であるドーパミン、アドレナリンなどの合成や、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成に関わっています。副腎は腎臓のすぐ上にあり、多くのホルモンを分泌している器官で、副腎でホルモンを合成する時にはビタミンCが大量に必要です。

人間の体はストレスにさらされると、それに対抗するために副腎からアドレナリンを分泌して血圧や血糖を上昇させ、防衛体制をとります。アドレナリンが使われると不足分を補うために生成されますが、アドレナリンの生成にビタミンCが使われるため、ビタミンCはストレスで激しく消費されます。

ストレスは、不安やプレッシャー、緊張などの精神的なストレスだけではありません。寒さ・暑さや睡眠不足、騒音、喫煙などもストレスの要素です。激しい運動をした時や、病原菌に感染した時にも通常よりビタミンCの必要量が増加します。ストレスにさらされやすい環境で生活をしている方は、しっかりとビタミンCを摂ることが大切です。

「代表的な食べ物」

・柑橘類(レモン、オレンジ、グレープフルーツ)

・トマト、ピーマン、ほうれん草、さつまいも、ブロッコリー

柑橘類はジュースでも摂取できるので手軽に摂ることができますね。

 

ビタミンのあとはミネラルも大事

ミネラルが何をしているのかというと、体の組織の形成に非常に役立っています。

ミネラルはホルモンの成分になったり、身体機能の正常化を図る役目を果たしたりするとても大切な栄養素です。自分の体の中でつくり出すことができないため、食事から摂取する必要があります。ミネラルを多く含む食品は、ひじき、納豆、大豆、するめ、アーモンド、カシューナッツ、蠣、レバーなど。

このほか注目されるミネラル成分に、キャベツに含まれるボロンがあります。ボロン体内にある微量のミネラル成分で、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの活性化を促す働きがあります。ですから、キャベツを食べることは、バストアップにつながります。

ただ何でも摂りすぎはだめですし、自然からの摂取が一番体にも優しいです。

バストアップに必要な食事まとめ

ビタミン、ミネラル、タンパク質というのは胸が大きくなる食べ物!美乳効果に期待 にも書きましたが体の組織形成にも大切ですが、何より続けることが大事。

せっかくいい習慣がついても、すぐやめてしまっては胸を大きくすることはできません。

貴方の胸を大きくするためにもバストアップに必要な栄養素を含んだメニューを食事でとりたいですね。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


CAPTCHA